広島・福山から西日本エリアまで地質調査の専門スタッフが、お客さまのお悩みを解決。有限会社 西本地質

  • 084-949-2150

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験とは

スウェーデン式サウンディング試験は、荷重による貫入と回転による貫入を併用した現位置試験であり、土の静的貫入抵抗を測定し、その硬軟または締まり具合を測定するとともに地層構成を把握するための試験です。
装置および操作が容易で迅速に測定ができ、簡易なサウンディングのうちでは比較的貫入能力に優れているなどの利点を有しており、深さ10m以内の軟弱層を対象に、概略調査または補足調査などに用いられます。
最近では、戸建住宅などの小規模構造物の支持力特性を把握する地盤調査方法として多く用いられています。

スウェーデン式サウンディング試験図 スウェーデン式サウンディング試験図

サウンディングの現場実績はこちら

よくある質問とその答え

試験地がアスファルト舗装又は、コンクリート舗装です。試験は可能ですか?

試験範囲の舗装を取り除けば試験は可能です。舗装を取り除く方法,復旧方法は、試験地の状況に応じて最適な方法をご提案させて頂きます。

土質の適用範囲は。

主に粘性土層,砂質土層です。砂礫層や転石・玉石等を含む層では、礫当りにより試験不能となる場合があります。

試験可能な深度の範囲は。

深度15m程度まで対応可能です。 ただし、JIS規格では深度10m以内を対象とすると明記されています。

試験結果の利用方法は

主に換算式による換算N値の算出や支持力の算出に利用されています。

スウェーデン式サウンディング試験で土質の判定はできますか。

粘性土層,砂質土層,砂礫層,地山などのおおまかな区分は推定できます。

スウェーデン式サウンディング試験作業の流れ

スウェーデン式サウンディング試験 の一般的な流れです。詳しくはお問合わせください。

簡易支持力試験(キャスポル)作業の流れ

サウンディングの現場実績はこちら

幅広いご相談・ご要望に、お客様へ適切なご提案を致します。

初めて試験を行わないといけなくなったお客様の多くは、
なにから手をつけたらよいのか悩まれてる方が多くいらっしゃいます。
そういったお客様にも私たちは親切・丁寧にご納得いただけるまで
対応致します。

専門スタッフまでお気軽にお問合わせ下さい。
お問合わせについてはこちら